ソープは中高年のもの

管理人監修の無料レポートのご案内

無料お持ち帰りレポート

ソープは中高年のもの

ソープランドを好きになるあまり、ソープ通いが度を越す、ということがあります。こうなるとどういうことが起こるでしょうかちょっと具体的な事例を基に、検討してみましょう。

 

 

 

まず、度を越したソープ通いによっては、経済的に破たんすることが予想されます。そしてこれは現実にそこかしこで起こっていることでもあります。風俗によって身を崩した例というのは枚挙にいとまがありません。これはギャンブルや麻薬と同種のもので、要するに中毒症状です。

 

 

 

特に、借金で麻雀を打つようになったら終わりだ、という描写が漫画でされるように、借金をして風俗に通うようになったら本当に終わりが近いです。友人や家族に借りているうちはまだなんとかなるでしょうが、消費者金融などで借金をして風俗通いをしていたらもうだめです。

 

 

 

また、お金の問題は置いておいて、経済的には問題ないとしても、ソープ嬢による非常に高いレベルのプレイに慣れてしまったとしたら、以後素人のテクニックに興奮することはできなくなってしまう、ということも予想されます。

 

 

 

あなたに奥さんがいたとして、奥さんが35歳を超えていたら、もしあなたに愛情があったとしても、性欲は減退してきます。すると、夫婦間の性交渉は減ります。こういうときに、ソープランドというのは非常に有効な手段となります。日々を活動的に楽しむために、定期的な発散は必要です。

 

 

 

この意味で、ソープは、中高年以降の男性にとっての遊び場、という気がします。