ソープにおける多回数射精願望

管理人監修の無料レポートのご案内

無料お持ち帰りレポート

ソープにおける多回数射精願望

ソープランドで長年働いている嬢などを目の前にすると、ある種の手ごわさ、質感の硬さ、強さを感じることがあります。あまりソープ嬢慣れ(?)していない客にとって、これは結構強烈な印象となります。ですから、一部のソープランドファンは、新人の嬢、若い嬢を好みます。これは若い子がいい、という理由というよりは、擦れていない女を求めているということなのでしょう。

 

 

 

ソープ嬢の持つこの種の硬さ、強さのようなものというのは、彼女たちのプライドの発露であるということができます。これは、自分の稼ぎのほうが絶対に多いだろうという自負などから来ています。

 

 

 

ソープに通ってくる客は、何を求めているのか、ということはなかなか難しい問題です。ソープ嬢との心のふれあいなのか、それとも他では味わうことのできない濃厚なプレイなのか、それともピンポイントにその嬢に会いに来ているのか、さまざまな動機があると思います。しかし、最も多いのは、そのプレイ時間の長さに起因する「多回数射精願望」です。ソープランドは、他の風俗よりも圧倒的にプレイ時間が長く、180分などという設定もあります。いける人なら5回や6回イクことも不可能ではないのです。ソープ嬢はこの願望に対応することが求められますから、一種の職人技を使いこなす存在としての、「抜き屋さん」にならなくてはなりません。そこでは、心のふれあいなどよりは、いかに効率よく快感を導き、「抜く」かということが問題になるのです。

 

 

 

 

 

多くの女性に愛される歌舞伎町のホストクラブclub NEON