ソープ嬢はドライである

管理人監修の無料レポートのご案内

無料お持ち帰りレポート

ソープ嬢はドライである

ソープ嬢の特徴という話をするとき、やはり頭に浮かぶのは、ソープ嬢はほかのどの風俗嬢よりも能動的であるということです。逆に言えば、受け身を嫌うということにもなります。
 

 

たとえばヘルス嬢であれば、客からの責めを受けるようにしよう、という接客もありです。イメクラなどでは、受け身前提のプレイがあったりします。それに比べて、ソープのなんと、受け身が少ないことか…嬢はなぜか、受け身のプレイを拒絶するのです。

 

 

 

ソープ嬢は、伝統的に客へのサービス、客への責め、愛撫の技術を磨くことが奨励されています。そして、プレイ中最低でも2回発射させて、それで満足させるように努めています。客にはよけいなことを考えさせず、ただ射精することに集中させたい、というのがソープ嬢の基本的な心情なのでしょう。

 

 

 

これはちょっと語弊があるかもしれませんが、ソープ嬢は、他の風俗嬢と比べて、客よりもちょっとだけ高いところにいます。それはまるで、看護婦と患者の関係になぞらえることができるでしょうか。それに加え、ソープ嬢であるということは、他の風俗に比べてかなりハードルが高いです。それゆえ、ソープ嬢たちは必死になります。がむしゃらになります。あるいは悲壮感がただよいます。

 

 

 

ソープ嬢は、愛情などなくても、日々、たくさんの男性とセックスをします。その点で、非常にドライです。ですから、基本的に客からの誘いなどに乗ることはありません。そして、客の思いなどを受け止めることはないのです。